メインイメージ

普通預金とはどこが違う?

証券会社における預金のようものと 考えるとわかりやすいです。

普通預金とはどこが違う?

資産運用

MRFとMMFは、証券会社における預金のようものと 考えるとわかりやすいです。
よく似た金融商品ですが、MRFは普通預金、 MMFは定期預金のような位置付けです。

では、銀行の普通預金や定期預金と、 MRF、MMFは何が違うのでしょうか。

MRF、MMFには金利が付いているため、 銀行の預金の証券会社版と思われていることもあります。
ですが、MRF、MMFともに、投資信託であることが、 銀行の預金との大きな違いになります。

MRFとは、マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略です。 証券総合口座用ファンドとして導入された、公共債投資信託の一種です。
MMFとは、マネー・マネジメント・ファンド(Money Management Fund)の略で、 追加型公社債投信の一種です。

両商品とも、国債や地方債などの公社債や、 コマーシャルペーパーなどの短期金融商品を中心に、運用がされています。
どちらも1円単位で買付ができるため、少額からの資産運用が可能です。

MRFとMMFの違いは、MMFを30日以内に解約すると、 信託財産留保額という手数料がかかることです。 MMFはMRFほどの流動性がないため、リスクはやや高くなりますが、 MRFより高金利となっています。

投資信託であるため、預金とは違い、 元本割れのリスクがあることは気をつけなければなりませんが、 MRFとMMFの方が、銀行で預金をするよりも金利が高くなっています。

Copyright(c) 2018 投資入門-MRFとMMFって何?- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com