メインイメージ

元本割れしたことはあるのか?

投資信託は元本が補償された商品ではありません。

元本割れしたことはあるのか?

割れたグラス

MRFもMMFも投資信託の一種です。
投資信託とは、投資家から集めた資本をまとめ、 専門家が株式や債権等に投資し、運用する金融商品です。 投資信託の運用成績は、市場の状況によって変動します。

運用がうまくいけば利益を得られますが、 運用がうまくいかなければ損失することもあります。
投資信託は元本が補償された商品ではないのです。

MRFとMMFは、安定した収益を確保することを目的に、 公社債(国債、地方債、社債等)、譲渡性預金や コマーシャルペーパーなどの短期金融商品を中心に運用がされています。
MRFとMMFのリスクは極めて低くなっています。

MRFとMMFともに、元本割れしたことはあるのでしょうか。
MRFは、運用が開始されてから、一度も元本割れをしたことがありません。 MMFが一度だけ、元本割れを起こしたことがあります。

2001年11月末に、MMFを含む債券型投資信託の 基準価格が10,000円を割りました。
アメリカのエネルギー商社エンロンによる粉飾決済の懸念が 広がったことがきっかけです。

その後、MMFに関しては、取引債権の期間、 格付けに関するルールを厳格化するなどの対策が取られ、 運用の安全性が高められました。

流動性と安定性が高いMRFとMMFですが、 元本が補償されているわけではなく、 リスクを完全になくすことはできません。
しかし、銀行に預金をしているよりは、高金利となることも確かです。 よく状況を調べ、しっかりした判断の元での運用が必要です。

Copyright(c) 2018 投資入門-MRFとMMFって何?- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com