メインイメージ

MRF、MMFとは

MRFとは、マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略です。

MRF、MMFとは

資産運用

MRFとは、マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)の略です。
証券総合口座用ファンドとして導入された、 公共債投資信託の一種で、換金性、流動性が高いことが特徴です。

その魅力は、安定性の高さにあります。
安定した収益を確保することを目的に、 公社債(国債、地方債、社債等)、 譲渡性預金やコマーシャルペーパーなどの短期金融商品を 中心に運用がされています。

投資信託のため、運用実績によって利回りは変動します。
株式などの売却代金で、MRFを自動で買付、売却するため、 資産を無駄なく運用することができます。

また、1円単位で買付ができるため、 少額からの資産運用が可能です。
金利は、銀行預金よりも高くなっています。 証券会社によっては、キャッシュカードを発行している所もあります。

 

MMFとは、マネー・マネジメント・ファンド(Money Management Fund)の略です。
追加型公社債投信の一種で、 換金性が高いことが特徴となっています。

公社債、短期金融商品を中心に運用がされています。
収益分配金は、運用実績により毎日分配され、 月末に一括して再投資されます。 投資信託のため、利回りは変動します。

MRFと似た仕組みになっており、 こちらも1円単位で買付ができます。
MMFの場合、30日以内に解約すると、 信託財産留保額という手数料がかかります。

MRFほどの流動性がないため、リスクはやや高くなりますが、 MMFはMRFより高金利となっています。

Copyright(c) 2018 投資入門-MRFとMMFって何?- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com