メインイメージ

MRFとMMFの違い

MRFとMMFはどちらも、元本割れのリスクが低く……

MRFとMMFの違い

プランの選択

MRFとMMFはどちらも、元本割れのリスクが低く 安全性の高い短期公社債やコマーシャル・ペーパーなどの、 短期金融商品を組み入れて運用する、投資信託です。

毎日決済して、その分配金は月末にまとめて再投資されます。
株式等の利金、分配金や売却代金を運用することで、 利子の付かない預り金とするよりは、収益が得られます。
証券会社においての、預金のような存在と考えるとわかりやすいでしょう。

どちらも預金のようなものと言っても、 MRFは普通預金、MMFは定期預金のような位置付けになります。 よく似たこの二つの金融商品ですが、いくつかの違いがあります。

 

MRFは、株式などを売却した資金を、自動的に買付し運用します。
証券口座に入金すると、MRFで運用されることになります。
MRFは証券総合口座専用の投資信託として、 頻繁な資金の流出入が予想されるため、 MMFに比べ、流動性が考慮された運用となっています。

MMFは、買付、解約に手続きが必要です。
そしてMRFとMMFの大きな違いは、 MMFは30日以内に解約した場合、 信託財産留保額という手数料がかかる点です。

これは、MMFがMRFよりも期間の長い債券に投資を行うためです。
運用期間が長くなることで、一ヶ月は売却ができないことになっています。

 

MMFはMRFほどの流動性がないことから、 リスクはMRFより高くなります。
しかし、長く運用を行うため、 MMFの方がMRFよりも高金利になります。

Copyright(c) 2018 投資入門-MRFとMMFって何?- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com