メインイメージ

証券会社が倒産したら?

MRFもMMFも、元本の保証をしていません。

証券会社が倒産したら?

倒産

銀行に預けておくより高金利なので、 MRFやMMFを始めてみたい、と思われた方には、 気になることがあるかもしれません。
それは「証券会社が倒産したらどうなるの?」です。

銀行が破綻した場合は、預金保険制度に定められたペイオフによって、 預金者一人あたり元本の1,000万円までとその利息が保証されます。
1,000万円以上預けていたとしても、超過額は戻ってきません。

証券会社はどうでしょうか。
証券会社に預けられた資金や有価証券等は「顧客の資産」として、 「証券会社の自己資産」とは分けて管理されます。 これを分別管理といい、金融商品取引法に基いて行われています。

保管場所も明確に区分され、どの顧客の有価証券であるかも 判別できるように管理されています。
証券会社が破綻したとしても、 分別管理されている顧客の資産はそのままです。 もし破綻した場合でも、預けられた全額が戻ってくることになります。

投資信託の運用会社や受託銀行が破綻した場合も、 資金、有価証券等は保護されます。
運用会社は信託された資産を、負債の返済に当てることはできません。

受託銀行の場合は、信託法によって、 信託資産は受託銀行の固有資産とは分けられています。

しかし、投資信託は、投資家から集めた資金をまとめて、 専門家が運用する仕組みになっています。
運用する会社が破綻した場合には、運用者がいなくなる間、 市場の変動で損失がある可能性は考えられます。

MRFもMMFも、元本の保証をしていません。 市場の変動による損失で元本割れを起こしたとしても、 その損失に対する補填はありません。

Copyright(c) 2018 投資入門-MRFとMMFって何?- . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com